トップ
理事長挨拶
会の歩み
ニュースレター
会則
入会・変更
役員
賛助会員
メーリングリスト
学会賞
実験動物指針
リンク集
事務局
English
更新情報
会員専用ページ
第34回日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会
日 時2020年1月31日(金)~2月1日(土)
開催地
高崎シティギャラリー
〒370-0829 群馬県高崎市高松町35-1
TEL:027-328-5050
URL:http://www.takasaki-foundation.or.jp/gallery/

高崎市総合保健センター
〒370-0829 群馬県高崎市高松町5-28
TEL:027-381-6111
交通のご案内(PDF)
会場案内図(PDF)
高崎駅から会場へのバス時刻表(「まちなかぐるりん」都心循環線)(PDF)
会 長泉 哲郎
群馬大学生体調節研究所遺伝生化学分野
会長挨拶
参加費 ●会員:7,000円
●非会員:10,000円
●学生会員(学部・大学院在籍の学生):無料(学生証提出)
●学生非会員(学部・大学院在籍の学生):3,000円(学生証提出)
プログラム

■特別講演1
「睡眠覚醒の謎に挑む」
柳沢 正史
(筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構(WPI-IIIS))

■特別講演2
「ヒューマン・オルガノイドを用いた代謝疾患研究の最前線」
武部 貴則
(東京医科歯科大学統合研究機構、シンシナティ小児病院幹細胞オルガノイド医療研究センター)

■スポンサードシンポジウム1「基礎医学から内分泌代謝学への発信」
「昼寝の体温・代謝リズムを制御する脳内サーカディアンリズム中枢の分子機構」
土居 雅夫
(京都大学大学院薬学研究科医薬創成情報科学講座)

「iPS細胞を用いた糖尿病に対する再生医療の開発と膵発生分化機構の解明」
長船 健二
(京都大学IPS細胞研究増殖分化機構研究部門)

「単球・マクロファージの発生分化と疾患標的としての可能性」
樗木 俊聡
(東京医科歯科大学難治疾患研究所生体防御学分野)

「栄養環境に応答するエピゲノム機構と表現型制御」
中尾 光善
(熊本大学発生医学研究所細胞医学分野)

■スポンサードシンポジウム2 「モデル動物を用いた老化・抗老化メカニズム研究の最前線」
「カロリー制限と抗老化作用-ケトン体の役割も含めて」
久米 真司
(滋賀医科大学糖尿病内分泌・腎臓内科)

「ハダカデバネズミの抗老化・発がん抑制機構の探求」
三浦 恭子
(熊本大学大学院先導機構/大学院生命科学研究部老化・健康長寿学講座)

「骨格筋のインスリンシグナルと個体老化」
笹子 敬洋
(東京大学大学院医学系研究科糖尿病・代謝内科)

「皮膚・毛髪の老化における幹細胞枯渇と幹細胞競合」
  西村 栄美
(東京医科歯科大学難治疾患研究所幹細胞医学分野)

■ランチョンセミナー1
「DOHaD学説におけるエピゲノム記憶とDNAメチル化の機能的意義」
橋本 貢士(獨協医科大学埼玉医療センター糖尿病内分泌・血液内科)

■ランチョンセミナー2
「CGMが解き明かすDPP-4阻害薬とSGLT2阻害薬併用の臨床的意義」
森 豊(東京慈恵会医科大学内科学講座糖尿病・代謝・内分泌内科、東京慈恵会医科大学附属第三病院 糖尿病・代謝・内分泌内科)

■お知らせとお願い
http://jsedo.jp/34th/table01.pdf

■日程表
http://jsedo.jp/34th/table01.pdf

■プログラム(1月31日(金))
http://jsedo.jp/34th/table01.pdf

■プログラム(2月1日(土))
http://jsedo.jp/34th/table02.pdf

■認定単位
第34回日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会への参加により、 「一般社団法人日本くすりと糖尿病学会」の糖尿病薬物療法認定薬剤師・准認定薬剤師更新単位(3単位)が取得できます。
詳しくは、下記のサイトをご覧ください。

一般社団法人日本くすりと糖尿病学会認定薬剤師制度について

第34回日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会は、「公益財団法人 鈴木万平糖尿病財団」からの助成を受けております。

宿泊案内 宿泊のご案内につきましては、まとめての確保が難しいため、大変お手数ですが、参加 者の皆様には、各自でご都合の良いところを早めにお手配いただきますようお願い申し 上げます。

【宿泊予約サイトのご参考】
楽天トラベル
http://travel.rakuten.co.jp/
じゃらん
http://www.jalan.net/
JTB
http://www.jtb.co.jp/
るるぶ
http://rurubu.travel/
Expedia
https://www.expedia.co.jp/
近畿日本ツーリスト
http://www.knt.co.jp/

演題募集要項 【募集期間】
2019年8月1日(木)正午 〜9月30日(月)10月7日(月)

10月7日(月)をもちまして、演題を締め切らせていただきました。多数のご応募をいただきまして、ありがとうございました。

【若手研究奨励賞へご応募された方へ】
一次選考、二次選考を実施致します。
一次選考から12題を選出し、二次選考は年次学術集会で発表から5題を選出する方法で検討させていただきます。
一次選考の結果につきましては、12月上旬を目途に通知させていただきます。
なお、一次選考を通過されなかった応募演題につきましては、年次学術集会2日目に一般演題として、口演の機会を設けさせていただきます。

【発表形式】
口演発表とポスター発表を予定しております。
なお、発表形式につきましては、会長に一任とさせていただきます。

【応募資格】
筆頭演者は本会の会員である
ことを要します(ただし、学生セッションは除く)。

【応募方法】

  1. 演題登録はすべて本ホームページからのオンライン登録のみとなります。
  2. 演題登録の前に、実験動物に関する日本糖尿病・肥満動物学会指針をご確認ください。
  3. 「一般演題」、「若手研究奨励賞」、「学生セッション演題」を募集いたします。
    「若手研究奨励賞」へ応募の場合は、若手研究奨励賞募集要項をご確認ください。
  4. 「学生セッション」は、学部・大学院在籍の学生を対象としています。「学生セッション」への演題応募は学会員であることを必須としません。
    また、応募演題は、現在、進行中の研究内容でも結構です。発表いただいた各演題について、各専門分野のコメンテーターの先生から、アドバイスをいただけることになっております。
※「学生セッション」への応募演題を中心に、トラベルグラントを筆頭演者に支給します(5名程度)。

【オンライン演題登録方法】

  1. 本ホームページ下部の、「演題新規登録はこちらから」よりアクセスしてください。
  2. 画面にしたがって必要項目を入力し、画面下の「入力上の注意」をご参照いただき、改行や斜体、太字等のコードを入力しながら抄録本文を入力します。抄録本文入力欄下の「リアルタイムプレビュー欄」にて状態の確認と同時にご入力いただけます。
    完了後「内容を確認する」ボタンを押しますと登録内容確認画面が表示されますので、ご確認の上「確定」ボタンを押してください。また、登録内容を送信せずに修正する場合には、「戻る」ボタンを押し、再度同様の手順で登録を行ってください。
  3. 演題登録完了後、登録完了メールと更新用パスワードが送信されます。これで演題登録は終了です。また、パスワードは確認・修正の際のログイン時に必要となりますので、送信されたメールを保存していただくことをお勧めします。
  4. 制限文字数は、全角で抄録本文が約600文字以内(図表なし)、タイトルは約60文字以内となります。

【確認・修正方法】
「確認・修正はこちらから」にアクセスし、パスワードを入力後、登録情報および抄録本文の確認、修正が可能となります。
「確認・修正」は、最終締切日まではいつでも可能です。

【応募にあたってのご注意】

  1. 演題処理では、登録されたデータがそのまま印刷されますので、「入力上の注意」をご確認いただき、誤入力等には十分ご注意ください。
  2. 演題登録完了になりますと自動的に筆頭演者のE-mailアドレス宛に登録完了メールが送られます。届かない場合は、ご登録いただいたE-mailアドレスの入力ミスが考えられますので、「演題登録システム管理担当」へご連絡ください。
  3. 特殊文字、図表は使用不可となります。
  4. カテゴリやキーワードでの分類はございません。
  5. 演題登録等につきましてのご不明点は、下記「演題登録システム管理担当」へご連絡くだ さい。

【演題登録に関するお問い合わせ先】
演題登録に関するご質問は、下記宛に必ず、メールにてお願いいたします。担当者間での情報共有のため、ご協力をお願いいたします。
●演題登録システム管理担当
jsedo34@convention-system.net

【採否通知】
2019年11月下旬頃に演題登録時のE-mailアドレス宛に通知させていただきます。
登録時にはE-mailアドレスの入力間違いがないようご注意ください。なお、演題の採否、発表日時の決定等は、会長に一任いただきます。

【携帯電話・スマートフォンのアドレスをご利用の方へ】

docomo、au、SoftBankなど各キャリアのセキュリティ設定のためユーザー受信拒否と認識されているか、お客様が迷惑メール対策等で、ドメイン指定受信を設定されている場合に、メールが正しく届かないことがございます。以下のドメインからのメールを受信できるように設定してください。

以下のドメインからのメールを受信できるように設定してください。
「convention-system.net」

各キャリアの設定方法は下記よりご確認ください。

【スマートフォンの場合】

【携帯電話の場合】


WEBメールをご利用の方へ

「@live.jp」「@hotmail.co.jp」のWEBメールをご利用のされている方は、返信メールが届かないことがございますので、下記受信許可の設定を行ってください。

<Liveメール・Hotmail 受信許可変更手順>

  1. WindowsLiveにサインインし、画面右上の「オプション」をクリックします。
  2. 迷惑メールの防止の「差出人セーフリストと受信拒否リスト」をクリックします。
  3. 「差出人セーフリスト」をクリックします。
  4. 「許可する差出人またはドメイン」に「convention-system.net」を入力し、「リストに追加」をクリックします。
  5. 画面右に追加されれば、設定完了です。
  6. 上記設定を行い届かない場合「受信拒否リスト」に追加されている可能性があります。

手順3で「受信拒否リスト」をクリックし、「convention-system.net」が含まれている場合はリストから削除をしてください。

利益相反(COI) 本学会では、年次学術集会で発表するすべての演題につきまして、発表者全員の利益相反の開示を必須としております。
筆頭演者がすべての演題の発表者全員について取りまとめ、開示用スライド(下記参照、ダウンロード)にて開示をしてください。

1.利益相反(COI)の開示方法について

  • 口演発表(すべての講演):発表スライドの2枚目(タイトルスライドの後)で開示
  • ポスター発表:ポスターの最初に開示

■開示スライド例


利益相反の申告なし (PPT形式、115KB)

利益相反の申告あり (PPT形式、136KB)

2.自己申告による利益相反(COI)申告書について
演題登録時に「自己申告による利益相反(COI)申告書」の提出も必要となっております。
演題登録後、1枚の申告書に発表者全員分を記入し、筆頭演者が署名捺印の上、運営事務局宛に郵送あるいはメール jsedo34@conventionlab.net の添付(PDF)にてお送りください(FAX送付不可)。 また、申告書に捺印がない場合は、再度ご提出をお願いしておりますので、ご注意ください。

【自己申告によるCOI報告書】

◆自己申告によるCOI報告書
申告書(Word) 申告書(PDF)

ポスター第34回日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会ポスター(A4サイズ)



本年次学術集会ポスター(A4サイズ)のダウンロード
(PDF形式、977KB)

お問合せ先 ●主催事務局
群馬大学生体調節研究所遺伝生化学分野
事務局長 奥西 勝秀
〒371-8512 群馬県前橋市昭和町3-39-15

●運営事務局
株式会社コンベンション・ラボ
〒252-0143 神奈川県相模原市緑区橋本6-4-12‐4F
TEL:042-707-7275 FAX:042-707-7276
E-mail:jsedo34@conventionlab.net
  

 
©1999-2020 Japan Society of Experimental Diabetes and Obesity
事務局へのお問合せはこらちをご覧ください。