トップ
理事長挨拶
会の歩み
ニュースレター
会則
入会・変更
役員
メーリングリスト
学会賞
実験動物指針
リンク集
事務局
English
更新情報
日本糖尿病・肥満動物学会 理事長挨拶
日本糖尿病・肥満動物学会理事長
寺 内 康 夫

 2015年2月、京都において開催された日本糖尿病・肥満動物学会学術集会期間中の臨時理事会において、門脇 孝前理事長の後を引き継ぎ、2015-16年度の理事長に選出されました寺内康夫です。本学会は1987年1月、「日本糖尿病動物研究会」として発足し、2007年2月、「日本糖尿病・肥満動物学会」へ改称いたしました。創立者であり、初代会長の後藤由夫先生、2代目会長の金澤康徳先生を中心とする先輩の先生方の御尽力により発展してきた本会を、3代目理事長の門脇 孝先生が引き継がれ、学術団体としての学会活動をさらに大きく発展させました。

 我が国の糖尿病モデル動物を用いた研究は、研究会として発足当初の頃からの自然発症糖尿病モデル動物を用いた研究に加え、遺伝子改変糖尿病モデル動物を用いた研究も大きく花開いています。その過程で、糖尿病動物研究のリーダーとして国際的にも活躍してこられた先輩の先生方に加え、中堅・若手の優秀で熱意のある糖尿病動物研究者も数多く育ってきました。 本学会の歴史を振り返ってみますと、日本のみならず世界全体の糖尿病患者の急増と今日では、糖尿病とその合併症の病態・治療に関する基礎研究が重要であり、動物モデルという個体を用いた研究が糖尿病学の発展、社会への貢献に果たした役割は大きかったと言えます。

 また、2011年の東日本大震災においては多くの実験動物も被災し、東京電力管内で実施された計画停電のために、動物実験施設の縮小・閉鎖が余儀なくされた現実を直視し、災害に強い動物実験施設や動物実験のあり方に関して建設的な提言をしてきました。さらに、2013年には将来検討ワーキンググループを立ち上げ、日本の糖尿病・肥満動物研究をさらなる活性化のために必要なことを議論し、若手、女性、地方在住の研究者のための研究環境整備にも取り組んできました。私はこれまでの会長・理事長が中心となって進められた研究の流れを継承し、学術団体としての学会活動をさらに推進するとともに、産業界や社会に向けた活動も視野に入れ、糖尿病学の更なる発展に貢献できればと考えております。

 以上、これまでの歩みに学びつつ、学会を支えている多くの会員の皆様と一緒に、多くの新しい試みも意識的に取り入れながら、本学会を益々発展させるために努力していきたいと考えています。本学会を支える各分野の研究者、臨床医、実験動物あるいは製薬関連企業の研究者など、学会員の皆様のご協力を何卒よろしくお願いいたします。


 
©1999-2017 Japan Society of Experimental Diabetes and Obesity
事務局へのお問合せはこらちをご覧ください。