2023年若手研究奨励賞の募集について

日本糖尿病・肥満動物学会 「若手研究奨励賞」

Young Investigator Award of the Japan Society of Experimental Diabetes and Obesity (2023).

1.学会賞の種類と授賞者数、および対象業績
日本糖尿病・肥満動物学会若手研究奨励賞を設け、年次学術集会で優れた発表演題から発表年(2023年12月31日)に40歳以下の本会会員で、原則として5名以下に贈呈する。 対象となる応募演題は主に国内で行われた研究とし、応募時点で論文として受理されているものは対象外とする。

2.応募方法
年次学術集会の発表演題登録と同時に、応募書類一式を事務局へ提出する。

3.推薦、応募時の提出資料

  1. 年次学術集会の一般演題登録時に「若手研究奨励賞」へ応募する意思表示を行うとともに、 若手研究奨励賞応募用紙」[word] へ、応募者が記入および捺印する。
  2. 応募用紙とともに、一次選考用抄録用紙(1,500字)と年次学術集会提出抄録(600字以内)を事務局へ提出する。
  3. 応募演題は1人1演題とし、「若手研究奨励賞」未受賞者に限る。

4.選考について

  • 理事長は選考委員会を設置し、受賞者の選考を委嘱する。選考委員長は、年次学術集会会長が務める。
  • 年次学術集会において、口演発表の中から受賞者の選考を行う。
  • 応募演題数が多数となった場合、年次学術集会会長の判断により、一次選考、二次選考を実施する。
    その際の一次選考は、提出書類をもとに候補者を選定し、二次選考は、候補者が年次学術集会において口演発表をし、その中から受賞者の選考を行う。

5.表彰、贈呈
年次学術集会において年次学術集会会長が表彰し、副賞を贈呈する。

6.募集期間
第36回日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会の演題募集と並行して行う。
2022年8月8日(月)~10月24日(月)

タイトルとURLをコピーしました