ニュースレター

ニュースレター

Vol.15.No.1(2011.9)

ダウンロード 【目次】1)東日本大震災のお見舞いと実験動物施設の飼育環境調査のお願い(門脇孝先生)2)東日本大震災の実験動物への影響(片桐秀樹先生)3)第25回日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会開催にあたって(門脇孝先生)4)第25回...
ニュースレター

Vol.14.No.2(2010.11)

ダウンロード 【目次】1)号頭言:若い医師が医学研究にチャレンジできる環境整備(寺内康夫先生)2)第25回日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会開催にあたって(門脇孝先生)3)第25回日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会開催のご案内4)賛...
ニュースレター

Vol.14.No.1(2010.6)

ダウンロード 【目次】1)号頭言:これからの肥満研究に期待すること(塩田清二先生)2)第24回日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会を終えて(池上博司先生)3)糖尿病モデル動物の紹介(13)GKラット(後藤由夫先生)4)特別寄稿 血糖上昇...
ニュースレター

Vol.13.No.2(2009.11)

ダウンロード 【目次】1)号頭言:私の視床下部服内側核破壊動物研究に託す夢(井上修二先生)2)第24回日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会の開催にあたって(池上博司先生)3)賛助会員の研究(11)(株式会社アニメック)4)第24回日本糖...
ニュースレター

Vol.13.No.1(2009.6)

ダウンロード 【目次】1)号頭言:ob/obに驚いたが。高血糖と動脈硬化(後藤由夫先生)2)第23回日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会を終えて(槇野博史先生)3)第24回日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会のご案内4)糖尿病モデル動物...
ニュースレター

Vol.12 No.2 November 2008

号頭言 「自然発症モデル動物の尽きせぬ魅力」 京都大学大学院医学研究科糖尿病・栄養内科学稲垣 暢也 糖尿病の病態解明や治療に関する研究の歴史において、動物モデルが大きな役割を果たしてきたことはいうまでもない。膵摘糖尿病の発見は...
ニュースレター

Vol.12 No.1 June 2008

号頭言 「糖尿病性細小血管合併症のモデル動物は?」 名古屋大学大学院医学系研究科糖尿病・内分泌内科学中村 二郎  糖尿病モデル動物は、糖尿病の成因および病態のみならず、糖尿病性細小血管合併症の発症メカニズムの解明や新たな治療戦...
ニュースレター

Vol.11 No.2 November 2007

号頭言 「NODマウス研究会から日本糖尿病・肥満動物学会までを振り返って」 国立病院機構宇都宮病院内科森  豊   本年、本会の理事長に門脇孝教授が就任され、同時に会の名称も日本糖尿病動物研究会から日本糖尿病・肥満動物学会に変更とな...
ニュースレター

Vol.11 No.1 June 2007

号頭言 「日本糖尿病・肥満動物学会への新展開に寄せて」 埼玉医科大学病院健康管理センター兼、総合医療センター内分泌糖尿病内科河津 捷二  今般、日本糖尿病動物研究会は発展的に名称変更し、新理事長門脇孝東大教授の下、新しい段階に入った...
ニュースレター

Vol.10 No.2 November 2006

号頭言 「糖尿病とカッパドキア」 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 腎・免疫・内分泌代謝内科学槇野 博史  糖尿病の最古の記録は古代エジプトのパピルスに見られる。それによると糖尿病は大量の尿を出す病気で穀物・果物・蜂蜜が良いという記...
タイトルとURLをコピーしました